Street League 2014のツアー日程が公開!

スクリーンショット 2014-05-08 13.11.09

スケートボード界で最も大きな大会と言っても過言ではない大会。

Street League Skateboarding

通称

SLS

スケートボードの総合力を徹底的に追求するこの大会では、ビデオでは味わえない緊張感に包まれている。
適度な緊張感に包まれている分、トリックをメイクした時の歓喜は半端じゃない。

そんな待ちに待ったSLSがついに開幕しようとしている。

TOUR DATES

2014年の大会スケージュールが公開。

オープン戦
5/17〜5/18

シカゴ戦
6/29

ロサンジェルス戦
7/24

ニュージャージー戦
8/24

 

Street League’s Best of 2013

今宵2014年シーズンが幕を開けるのだが、2013年シーズンでの各ライダーのライディングをまとめたミニビデオをご紹介する。

Chris Cole

2013年シーズンの覇者、Chris Cole。
長年、ZEROのライダーとして活躍している彼だが
年齢を重ねてからも、ハードコアな姿勢を崩すことはない。
経験に裏付けられた正確無比なトリックは今年も健在なことは間違いない。
 

Nyjah Huston

スケートボード界でこの人の名前を知らない人は多分いないだろう。
その洗練されたスタイルに、無駄は一切ない。
2014年のチャンピオンの最有力候補。
 

Paul Rodriguez

今回ご紹介する動画でもレギュラースタンスでのトリックが目立つが
念のために言っておくが、Paul Rodriguezのメインスタンスは紛れもなくグーフィー。
この映像のほとんどはスイッチトリック。
怪物だ。
 

Luan Oliveira

スケートボード界で南米の天才と言えば、この人。
一般スケーターがオーリーするような感覚でハードフリップを打ってくる姿にため息しかでない。
それでいて弱冠23才という若さも併せ持つ、2014年シーズンの彼の活躍に期待。

 

Sean Malto

スケートボード界のプリンスといえばこの人、Sean Malto。
容姿端麗。トリックの完成度120%。
突き入る隙がないとはこのことだろう。
2013年の地元開催の時に感じた悔しさを、必ずや2014年のシーズンで晴らしてくれるはず。

 

 
 
当コンテンツの掲載記事内容や画像に何か問題がございましたら、
CONTACTページからご連絡ください。
迅速に対応致します。


この記事の著者

ヤノ タカミ

ヤノ タカミOwner & Chief Editor

R/ForA MAGAZINE オーナー 兼 編集長
横乗り3Sの業界活性化が地方の経済活性化に繋がり、社会を色々な面で豊かにすると信じて疑っていません。

現在は、このR/ForA MAGAZINEで月間100万PVを獲得したことを実績に、国内大手ブランドや美容関係企業、数十社のウェブコンサルティングも行なっている。
ウェブコンサルティングのご相談などありましたら、t-yano@rfora.jp宛に個別でご連絡下さい。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る